NCUTNCUT
NCUT
NCUT
 
 
学部:

■ 情報工学学部

■ 機械電気学部

■ 文化法律学部 

■ 経済管理学部

■ 建築学部

芸術学部

理工学部

 

 
機械設備と電力設備の工学院

Dean: Prof Sun Dehui

 

  機械設備と電力設備の工学院は北方工業大学の一番早く創立する学院の一つです。
現在は、オートメーション化と機械、その2つの学部があります。オートメーション化、機械設計製造とオートメーション化、電気の工事とオートメーション化などの3つの本科の専門があります。その中のオートメーション化、機械設計製造とオートメーション化は北京市のブランドとしての専門です。6つの工学の修士の学位授権点:機械電子の工事、機械製造とオートメーション化、機械設計と理論、検査 測定する技術とオートメーション化装置、電力電子と電力伝動、コントロールの理論とコントロールの工事。機械の工事とコントロールの工事の二つの工事の修士点を持っています。現場のバスの技術とオートメーション化の実験室は北京市重点実験室で、機械の学科は北京市の重点的に建設する学科です。学院はいま全日制の在校生は1600人以上もいます。
機械設備と電力設備の工学院は実力を持って、仕事熱心で、師徳の良好な教師グループがあります。今は、教員と職員は62人いて、その中の教授、研究員が16人、助教授が24人、高級な職名を持っている教師はすでに66%を上回りました。学院の教師の中で博士の学位を持っているのは20人、修士以上の学位を持っている教師の人数は88%に達します。3年来、学院の教師の中は北京市の優秀な教師の1人、北京市の教育の名高い先生の1人、北京市のずばぬけて優秀な人材の1人がいます。7人の同志は北京市の優秀な中年と青年の骨幹の教師の称号を獲得して、1人の同志は北京市の大学の優秀な指導員の称号を獲得します。20人以上の人は学校に先進工作者に選ばれて、7人は学校の師徳の先進的な個人に選ばれます。2005年、学院は“北京市の大学の徳育の仕事の模範チーム”に栄誉の称号を授与されます。
学院は積極的に科学研究の仕事を展開します。2002年以来、学院の教師は数十項の863、973、国家自然科学基金、北京市自然科学基金などのプロジェクトに主催して参加して、レベルが高い定期刊行物と国内外の学術会議で論文の500数編を発表して、年度科学研究の経費は1000万元以上に達します。知能交通とネットのオートメーション化の2つの科学研究の団は北京市の学術の新機軸を打ち出す団に入選して、学院の教師が知能交通、ネットのオートメーション化、電力ドラッグ、冷弯成型、先進的な製造技術、ロボットの技術などの領域では重大な成果を得て、国家の科学技術の進歩の2等賞に1項入賞して、省部級奨励を10数項獲得して、多くの項目の成果は国内のトップレベルーにあります。
学院は非常に教育の仕事を重視して、しっかりと人材育成の必要とすることをめぐって、ずっと本科生の教育の質と学風の建設を重点とし、教師の育成と実験、実習基地の建設を強化して、積極的に専門の特色と人材育成の新しいモードを探求して育成して、一連の成果を得ました。機械学科「工事の製図」の授業は北京市の逸品の課程に選ばれて、デジタル制御の加工技術の教材は北京市の逸品の教材に選ばれて、“学校内の生産部門 学校 科学研究機関の一体化の基地を建設して、オートメーション化の専門の高級な応用型人材を育成して”の教育改革の成果は2005年の北京市の教育の成果の2等賞に入賞し、オートメーション化の工事の訓練センターは情報産業部に情報技術の訓練基地に確定されて、部分の課程は双語の教育を展開して、学院の教師は学校の青年の教師の基礎的な訓練大会の中でずば抜けている成績を得ました。2002年以来、学院の教師は高等教育の出版社などで各類の教材の30余り部を出版しました。3冊の教材は国家の“十一五”の発展計画の教材に入れました。
学院は非常に学生の創造能力と工事の実践の能力の育成を重視して、ここ数年、本院の学生が全国の挑戦杯試合、電子のデザインコンテスト、数学コンテストと北京市の各項大学生の科学技術の競技の中で何度も受賞します。学院は毎年20%近くの本科の卒業生は大学院生に合格して、その中で、清華大学、北京理工大学、北京宇宙航空大学と中国科学院などの重点の大学と科学研究部門までに合格した学生は50%以上います。
学院は非常に国内外の学術の交流を重視します。現在は日本、イギリス、アメリカ、ドイツなどの関係がある大学と比較的密接な連絡と学術の科学研究の方面の付き合いがあります。

オートメーション化(080602)
当専攻は主に工業のプロセスコントロール、ビルのオートメーション化の技術、コンピューターの応用技術、電子の応用技術、検査 測定とオートメーション化のメ—タ—、情報処理、ネットのオートメーション化の技術などの領域で系統的な研究、分析、設計、インストールとデバッグなどの方面に従事している 高級な技術応用型の人材を育成します。
当専攻は高等な数学、大学の物理、外国語などの基礎の授業を勉強するほか、主に開く専門の基礎科目と専門の課程は:電気回路の理論、数字の電子技術、模擬電子技術、マクロプロセッサの原理と応用、コンピューター ネットワークの基礎、自動制御原理、コントロール電機、検 測定する技術、コンピュータのコントロールの技術、過程のコントロール システム、オートメーション化のメ—タ—と装置、ビルのオートメーション化の技術、総合的に配線する技術、プログラミングするコントローラ(PLC)、C++のプログラム設計とVBプログラム設計などです。
当専攻は学生の思想道徳、人文の素質、専門の知識、体能など方面の総合的な資質を高めることを重視して、外国語の教育を堅持して4年線をが切れなくて、コンピュータの教育を堅持して4年線をが切れなくて、理論の教育と実践の能力が互いに結合して4年線をが切れなく、そしてそれぞれの教育の一環の中で学生が自主的に学んで独立して考えるために一定の時間と空間を残します。当専攻は実践性教育を重視して、専門の課程に関しての課程実験のほか、認識実習、生産実習、オートメーション化の工事の訓練と各種の課程の設計、卒業設計など実践の一環があり、学生の実践能力を育成します。
当専攻の学生は何回も全国と北京市の大学生の数学のモデリングの競技、物理の競技、電子設計競技、挑戦杯試合などで1、2、3等奨の良い成績をとりました。毎年ずいぶん多くの卒業生が大学院生(その中で多くの人は清華大学、北京理工大学と中国科学院のオートメーション化研究所などの重点大学と科学研究の機構に採用される)に合格します。当専攻の卒業生の就職の将来は明るくて、ここ数年、一回の就業率はすべて90%以上です。
当専攻は理工種類によって学生を募集して、標準的な学制の年限は4年、工学の学士の学位を授与します。

機械設計製造とオートメーション化(080301)
当専攻が育成するのは社会主義現代化建設に適応して、知識、素質、能力は歩調を合わせて発展して、そして近代的機械技師の基本の訓練を獲得して、卒業後、機械設計製造とそのオートメーション化の専門の領域内の設計製造、応用研究、運行管理とマーケティングなどの方面の仕事に従事することができ、革新意識、実践の能力を持つ高級な応用型技術の人材です。
当専攻は北京の市レベルのブランド建設専門で、3つの方向を設置します:光機電の一体化、コンピュータの辅助製造の方向と機械的な設計と理論の方向です。高等な数学、大学の物理、外国語などの基礎の授業を勉強するほか、主に開く専門の基礎科目と専門の課程は:理論の力学、材料の力学、工事の製図、機械的な設計、電工電子学、液圧伝動、パソコンの原理とインターフェイスの技術、現代設計方法、先進的な製造技術、ロボットの技術、光機電の一体化のシステム設計、デジタル制御の技術とデジタル制御装置、CAD/CAMなどです。
当専攻は学生の思想道徳、人文の素質、専門の知識、体能など方面の総合的な資質を高めることを重視して、外国語の教育を堅持して4年線をが切れなくて、コンピュータの教育を堅持して4年線をが切れなくて、理論の教育と実践の能力が互いに結合して4年線をが切れなく、そしてそれぞれの教育の一環の中で学生が自主的に学んで独立して考えるために一定の時間と空間を残します。当専攻は実践性、工事性の教育を重視して、専門の課程の総合性、設計性の実験の以外、認識実習、生産実習、オートメーション化の工事の訓練と各種の課程の設計、卒業設計など実践の一環があり、学生の実践能力と工事の実際的な問題を解決する能力を育成します。
当専攻の学生が何回も全国と北京市の大学生の数学のモデリングの競技、物理の競技、挑戦杯大会、機械的な設計の新機軸を打ち出す大会など各種の競技の中で良い成績を取りました。毎年ずいぶん多くの卒業生が大学院生(その中で多くの人は清華大学、北京理工大学と中国科学院のオートメーション化研究所などの重点大学と科学研究の機構に採用される)に合格します。当専攻の卒業生の就職の将来は明るくて、ここ数年、一回の就業率はすべて90%以上です。
当専攻は理工種類によって学生を募集して、標準的な学制の年限は4年、工学の学士の学位を授与します。

電気の工事とそのオートメーション化(080601)
当専攻は主に電気のオートメーション化、電力のオートメーション化、コンピューターの応用技術、電子の応用技術、電力の電子技術、電機とドラッグする技術、工業のコンピューターと現場のバスのコントロールの技術、企業管理と决策などの領域で系統的な研究、分析、設計、インストールとデバッグ などの方面に従事している高級な技術応用型の人材を育成します。
当専攻は高等な数学、大学の物理、外国語などの基礎の授業を勉強するほか、主に開く専門の基礎科目と専門の課程は:電気回路の分析、数字の電子技術、模擬電子技術、自動制御の理論、マクロプロセッサの原理と応用技術、電力電子技術、パソコンの原理とインターフェイスの技術、電機の原理とドラッグ基礎、コンピューターのコントロールの技術、交流の速度を調節するシステム、直流の速度を調節するシステム、工企の電気を供える技術、パソコンの継電の保護の技術、現場のバスとネットの制御、ソフトウェア エンジニアリング、工場の電気の設備、プログラミングするコントローラ(PLC)、C++のプログラム設計とVBプログラム設計などです。
当専攻は学生の思想道徳、人文の素質、専門の知識、体能など方面の総合的な資質を高めることを重視して、外国語の教育を堅持して4年線をが切れなくて、コンピュータの教育を堅持して4年線をが切れなくて、理論の教育と実践の能力が互いに結合して4年線をが切れなく、そしてそれぞれの教育の一環の中で学生が自主的に学んで独立して考えるために一定の時間と空間を残します。当専攻は実践性教育を重視して、専門の課程に関して課程実験の以外、認識実習、生産実習、オートメーション化の工事の訓練と各種の課程の設計、卒業設計など実践の一環があり、学生の実践能力を育成します。
当専攻の学生は何回も全国と北京市の大学生の数学のモデリングの競技、物理の競技、電子設計競技、挑戦杯試合などで1、2、3等奨の良い成績をとりました。毎年ずいぶん多くの卒業生が大学院生(その中で多くの人は清華大学、北京理工大学と中国科学院のオートメーション化研究所などの重点大学と科学研究の機構に採用される)に合格します。当専攻の卒業生の就職の将来は明るくて、ここ数年、一回の就業率はすべて90%以上です。
当専攻は理工種類によって学生を募集して、標準的な学制の年限は4年、工学の学士の学位を授与します。

 

 

                                             >> BACK