NCUTNCUT
NCUT
NCUT
 
 
学部:

■ 情報工学学部

■ 機械電気学部

■ 文化法律学部 

■ 経済管理学部

■ 建築学部

芸術学部

理工学部

 

 
建築学部

Dean: Prof. Qu Tiejun


建築工程学院に本科学部は四つがあり、それらは建築学、土木工程、都市設計、建築環境と設備工程である。修士授権点は三つがあり、それらは構造工程、建築設計と理論、岩土工程である。建築学と都市設計は五年制であるが、土木工程、建築環境と設備工程は四年制である。今、建築工程学院の学生は全部で1500人ぐらいある。
建築工程学院に建築と設計学部、土木工程学部、建工実験センター、建築設計院を設けてある。それに、建工実験センターに工程構造実験室、力学実験室、建材実験室、建築模型室、建築物理実験室などがある。今、教師および従業員は55人があり、大部分の教師は清華大学などの有名な大学から卒業し、彼らは能力もあるし、活力もあるし、その中で10人教授、13人助教授、17人教師がいる。国家一級登録建築士6人、国家一級登録構造士7人、博士11人があり、教員の構造は合理であり、学術レベルが高く、工程実験経験もかなり豊かである。
建築工程学院は本科教育と工程実践、国内科学研究の結びを非常に重視し、多い大切な工程設計を相次いで完成し、さらに国内、国際設計競争あるいは入札で数回も受賞する。また、中国都市と町住宅建造技術研究、工程節約研究、都市と町設計都市交通、新型建築材料研究、枠組み力学性能研究、材料微視力学性能研究、複合材料構造分析の有限元線法研究などの面でも重要な進展を得る。建築工程学院は学問が厳格で、教育秩序がよく、高級応用型人材の育成を目的として、卒業生は雇用会社でいい評判を受ける。
専攻紹介
建築学(080701)
建築学は理工と人文の繋がり、科学と芸術の繋がり、理論と実践の繋がりを重視する。体系化的理論教育と実践教育に通じて、学生の素質と能力を育てる。登録建築士、都市設計士を受け、庭園景観建築士および室内設計士にかかわる専攻技能の訓練もあり、建築設計、都市設計、室内設計、庭園と古建築設計の分野で複合的応用型高級人材になるために、いい基礎ができる。
建築学部の教師と学生は国内、国際建築競争で数回に賞を受け、高学年で仕事室制度を実行するから、実戦教育団を建てる。近年、教師と学生は一緒に多い実際工程を完成し、学生は訓練の中でいい経験を受け、卒業生は会社で人気がある。
建築設計、都市設計、景観設計、室内設計、庭園と古建築設計、装飾設計、建築業、不動産業計画、開発と経営管理などのいろいろな分野で、卒業生たちは才能を発揮する。外国と協力に従って、学生は外国に行き、勉強と研修できる。この専攻に修士点があり、それは建築設計と理論であり、深い研究が続けできる。
この専門は公共基礎課程だけでなく、建築入門、建築設計系列課程(建築設計、建築STUDIO、建築と都市設計)建築構造、美術、世界建築史、建築物理、建築設備、建築経済、建築CAD、都市設計、室内設計、庭園設計、古建築修繕保護技術などの課程を勉強する。課程は徳育、体育、建築設計基礎理論知識、人文社会理論知識、実践技能などの面を覆う。また、学生の自学と協力能力を育て、今後の就職するために、いい基礎ができる。
理工類の学生を募集し、学制が五年間で、工学学士学位を受ける。

都市設計(080702)
近年、中国都市の発展はとても速く、この専攻は都市設計の需要に適応する。系統化的理論の勉強と工程実践に通じて、学生の素質と能力が段々高くなり、都市設計士と庭園景観設計士の基本的訓練を受ける。学生は複合型、応用型の都市設計、建築設計、景観庭園設計、環境芸術設計、室内設計などの面で高級人材になるために、いい基礎ができる。
卒業生はいろいろな面でも能力を発揮でき、深く研究もできる。例えば、都市設計、都市設計管理、建築設計、景観庭園設計、環境芸術設計、室内設計、建築業、不動産の計画、開発と経営管理などの分野。
この専門は公共基礎課程だけでなく、都市設計原理、居住区設計、都市設計、建築設計、庭園景観設計、都市道路と交通、世界建築史、都市設計法規と管理、都市経済学なども勉強する。課程は徳育、体育、建築設計基礎理論知識、人文社会理論知識、実践技能などの面を覆う。また、学生の自学と協力能力を育て、今後の就職するために、いい基礎ができる。
理工類の学生を募集し、学制が五年間で、工学学士学位を受ける。

土木工事(080703)
この専門は国家経済の発展と基本的建築の需要に適応し、系統的理論の勉強と工事実践に通じて、学生は現代土木工事(建築工事)の基本的理論と技能を身に付け、基本的応用研究と開発能力を持ち、土木工事構造設計、施工、管理などポロのエンジニアの訓練をする。土木工事の高級応用人材になるために、いい基礎ができる。
卒業生は土木工程構造設計、建造と管理などの仕事をすることができ、基本的応用研究と開発能力がある。卒業生の就職範囲:建築施工企業の工程技術と管理、設計会社の土木工程設計、企業、政府職能部門の基本建設管理、不動産部門、工事諮問、工事質量監督と建設監督、数学と科学研究などの分野。
この専門は公共基礎課程だけでなく、理論力学、材料力学、構造力学、工程測量、建築施工、土力学と建物の土台基礎、鋼構造、コンクリート構造設計原理、建築材料、高層建築構造、建築構造耐震、建築経済と項目管理などの課程がある。
理工類の学生を募集し、学制が四年間で、工学学士学位を受ける。

建築環境と設備工程(081404)
この専門は全国建築調査設計登録暖通エアコンエンジニア教育の基礎教育として、伝統設備専門に立ち、暖通エアコン、建築排水、建築電気、熱エネルギー基礎の上に、節約環境保護、新エネルギー、環境保護建築、知能建築などの分野で長く伸びる。主な目的は学生の素質を高めることで、社会の需要に適応することである。学生の工程実践能力と新しい物を作り出すの能力がとても重要である。生産、勉強と研究を結び合わせ、技能を訓練する。社会に適応して新型高級応用複合型人材を育成する。
広い面の基礎知識を重視し、発展方向が多い。公共基礎課程だけでなく、主な専門課程は環境学、力学、熱伝導学、電気工学、機械設計などの面に及ぶ。暖通エアコン、建物コントロール、エネルギー節約の課程があり、また、建築排水、暖通エアコン工程設計と系統分析、清潔技術と工業通風、高層建築エアコン、自動コントロール原理、建物自動化、建築電気、不動産の管理、建築エネルギー節約、太陽エネルギー利用、空気汚染コントロール、熱バルブ技術などの課程を設置する。同時に、専門の知識に広げるために、建築設計原理、建築CAD、建築構造、建築史、建築物理、建築設計、建築施工と監督などの課程がある。
卒業生は学科の越え、発展面の広く、方向の新しくの特色があり、建築設計院、建築工程会社、不動産会社、物業会社、燃気会社、熱力会社で建築設備設計、施工、機械の取り付け、調節、稼動管理、技術開発と応用研究の仕事ができ、建築プラン設計もできる。それに、教育科学研究部門、建築技術科学、エアコン工程、工程熱物理、熱エネルギー、低温工程、建築設計と理論などの専門で深く研究を続ける。
理工類の学生を募集し、学制が四年間で、工学学士学位を受ける。

                                             >> BACK