NCUTNCUT
NCUT
NCUT

チェコチェスケー?ブジェヨヴィツェ技術と商業学院校長が本学を訪問

[発表時間]:2016-03-11[出所]:国際協力交流所

 
 
   
 

3月5日-8日、チェコチェスケー?ブジェヨヴィツェ技術と商業学院(Vysoka skola technicka a ekonomicka v Ceskych Budejovicich)校長Marek Vochozka博士が本学に訪問に来た。本学の経済管理学院と交流プロジェクトの確認と推進について意思疎通と合意が行われた。
訪問期間、鄭文堂学長はMarek Vochozka校長にお会いした。鄭学長は二校が経済管理学科の領域で教師は講義の交流、学生は勉強等の方面の交流を行って得た成績を評価し、同時に両校の交流の拡大に力を入れ、両校がより多くの先生と学生がそこから利益を得られるようにすることを希望した。Vochozka校長は鄭文堂校長に激励と経済管理学院と当校の交流プロジェクトを支持し、感謝を示し、一層の両校の交流プロジェクトの拡大の強い願望を表した。
交流プロジェクトの具体的な事務に関して確認し、本学の経済管理学院と国際部の責任者等とVochozka校長が十分な意思疎通をし、プロジェクトの推進計画を確定した。双方協定では10月に両校は本学にて共同で学術討論会の会議主題、会議規模と初めの日程等の事項を開催することを決め、さらに今年秋季学期に教師の講義交流に派遣する期間、人数と講義の課程に関する事項を取り決めた。双方はまた教師は合同研究、本科と研究生両方の学位合同養成等に関する事務の協議を行った。


訪問期間、Marek Vochozka校長は劉永祥院長にチェコチェスケー?ブジェヨヴィツェ技術と商業学院栄誉博士学位証書を発布した。副学長沈志莉とVochozka校長は両校の交流プロジェクト推進と仕事の実行に関する意見を交換した。