NCUTNCUT
NCUT
NCUT

神奈川大学趙衍剛教授が本学で講義を行う

[発表時間]:2016-03-15[出所]:土木工程学院

 
 
   
 

3月14日午前、土木工程学院の招聘に応じて、神奈川大学趙衍剛教授は浩学楼のホールで「構成信頼度実用分析方法」の学術講座を講じた。講座は土木工程学院党委員会書記の高健岭が主催し、院長孫世国と学院百人余りの先生と生徒が口座を聞いた。
趙衍剛教授は構成失効の危害から着手し、工程の危険、工程の構成プランの不確定性、及び構成信頼度分析方法などの方面を説明し、重要な実用の構成体系信頼度分析方法を紹介した。報告内容は深くわかりやすく、先生や生徒の視野を広げ、知識を増やした。
趙衍剛は神奈川大学の教授で、「千人計画」の国家が特別に招いた専門家だ。中南大学特別教授を兼任し、同済大学光華講座の教授で、高速鉄道構成服役安全教育部創新団体のリーダーで、国際情報協会(IFIP)構成体系優化及び信頼性分会の副主席でもある。1997年日本建築学会東海賞を受賞し、2003年は日中韓三国建築学会JAABE Best Paper Awardを受賞し、2008年には日本建築学会賞(当会最高の学術賞)を受賞し、当賞の設立70年以来で最高の華人学者の受賞だ。